メインメニューを開く

原田 耕挙(はらだ こうきょ、生没年不詳)とは、明治時代浮世絵師日本画家

来歴編集

尾形月耕の門人。耕挙と号す。月耕の桶町時代(明治20年~明治37年)の頃の門人で、作画期は明治27年(1894年)から明治37年(1904年)にかけての頃である。主に「敵旗艦自触水雷沈没麻可露夫提督以下乗員八百葬魚腹」といった日露戦争関係の錦絵などを描く。明治27年に開催された日本青年絵画協会第3回絵画共進会に出品した「将軍遊浜殿図」、翌明治28年(1895年)の同会出品の「義士復讐図」が三等褒状を受けた。ほかに代表作として、版元松木平吉から版行された「英照皇太后御大葬之図」がある。

作品編集

  • 「英照皇太后御大葬之図」 大判錦絵3枚続 明治30年 悳俊彦コレクション
  • 「御大喪彙報」 大判錦絵3枚続 明治30年
  • 「敵旗艦自触水雷沈没麻可露夫提督以下乗員八百葬魚腹」 大錦3枚続 明治37年

参考文献編集