友枝 高彦(ともえだ たかひこ、1876年11月4日1957年7月7日)は、日本倫理学者福岡県上毛郡大村(現 豊前市大村)の大庄屋の家に生まれ、豊津中学校、第五高等学校を経て1901年東京帝国大学文科大学哲学科卒。大学院に進み、1908年京都帝国大学助教授[1]英国米国ドイツに学ぶ。1914年帰国、東京高等師範学校教授、1916年東京帝国大学教授を兼ねる。1929年東京文理科大学教授。日本女子大教授を兼任。1949年東京教育大学名誉教授、1955年山梨県立都留文科短期大学(都留短期大学)の初代学長。[2]

友枝高彦
友枝高彦(豊前市のウェブサイトより)
文部省教学局編、友枝高彦著『日独文化交渉史の回顧』教学叢書第3輯、内閣印刷局、昭和13年刊

著作編集

  • 『中学修身参考書』冨山房、1923年 (国立国会図書館の近代デジタルライブラリー
  • 『女子修身』冨山房, 1923年
  • 『中学修身』冨山房、1924年
  • 『師範修身』冨山房、1926年
  • 『ナチス運動の社会学的考察』日独文化協会、1933年
  • 『社会倫理学序説』建文館、1935年
  • 『実業修身』冨山房、1938年
  • 『日独文化交涉史の囘顧』教學局、1938年

翻訳編集

  • フランク・チルリー『倫理学概論』金港堂書籍、1903年
  • トーマス・ヒル・グリーン『グリーンとその倫理学』近藤兵庫共訳 培風館、1932年

参考文献編集

大越忠光:友枝 高彦 (明治9年〜昭和32年). Hoppner, Inge / Sekikawa Fujiko (ed.): Brückenbauer: Pioniere des japanisch-deutschen Kulturaustausches - 日独交流 の架け橋を築いた人々. München: Iudicium, 2005, pp. 118-121 (ドイツ語・日本語)

脚注編集

  1. ^ 『京大文学部の百年』
  2. ^ 20世紀日本人名事典

外部リンク編集