反ソ連デー

2015年8月9日 飯倉片町交差点

反ソ連デー(はんソれんデー)とは、記念日の1つ。毎年8月9日である。略称は「反ソデー」である。またソ連崩壊に伴い、後継国家のロシアの名を冠した「反ロシアデー」「反ロデー」ともいう。

概要編集

1945年のこの日、ソビエト連邦日ソ中立条約を破棄し対日参戦を敢行、また大日本帝国の傀儡である満州国へ侵攻した(長崎市への原子爆弾投下と同日)。

満9年の1954年、日本の右翼民族派は、このソ連の一連の行動を弾劾すべく、新橋駅前の野外ステージで「滅共反ソ国民大会」を挙行した。大会終了後、彼らは駐日ソ連代表部(現在の駐日ロシア大使館)に押しかけ、構内に侵入する事件を起した。この事件で赤尾敏ら3人が逮捕された。

右翼はこの事件を「義挙」とし、以降毎年この8月9日を「反ソ連デー」として位置づけ、ロシア大使館近辺で街宣活動を行うようになった。このため、8月9日は警備上の理由により東京湾大華火祭が開催できない。

参考文献編集

 
2015年8月9日 麻布警察署
  • 立花書房編『新 警備用語辞典』立花書房、2009年

関連項目編集