反自然主義文学(はんしぜんしゅぎぶんがく)とは、島崎藤村田山花袋の出現により、自然主義文学が文壇での影響を誇る一方で、自然主義文学を批判した一派。

関連項目編集