メインメニューを開く

口野 武史(くちの たけし、1986年4月7日 - )は、日本陸上競技選手。専門は800メートル競走大阪狭山市立南中学校清風高等学校日本体育大学を卒業し、現在は富士通陸上競技部に所属している。父親も日本体育大学で長距離をしていた。母親・姉も陸上選手だった。

2008年6月、第92回日本陸上競技選手権大会800mで同種目2連覇中の横田真人を抑えて優勝を果たした。2009年10月18日、日本体育大学最終フィールド競技会800mにおいて1分46秒71を記録。この記録は日本歴代4位。尚、この時一緒に走った横田真人は日本新記録を樹立した。この他2003年の世界ユース大会に出場し準決勝進出。又、全国高校駅伝には3年連続出場している[1]

主な戦績編集

大会 距離 順位 記録 備考
2000 ジュニアオリンピックC 1500m 優勝 4分07秒76
2001 ジュニアオリンピックB 800m 6位 1分59秒15
2002 高知国体少年B 800m 5位 1分55秒40
2003 静岡国体少年共通 800m 7位 1分53秒61
2004 松江インターハイ 800m 4位 1分53秒60
2004 埼玉国体少年共通 800m 5位 1分53秒54
2006 日本インカレ 800m 2位 1分50秒81
2007 第91回日本選手権 800m 3位 1分50秒28
2007 日本インカレ 800m 優勝 1分49秒55
2008 第92回日本選手権 800m 優勝 1分48秒83
2008 日本インカレ 800m 優勝 1分53秒31
2009 第93回日本選手権 800m 3位 1分49秒94
2009 全日本実業団対抗選手権 800m 優勝 1分49秒97
2009 新潟国体成年 800m 優勝 1分48秒53
2009 アジア選手権 800m 7位 1分52秒81

自己記録編集

  • 800m  1分46秒71 2009年(日本歴代4位)
  • 1500m 3分46秒25 2007年

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集