第57回国民体育大会

第57回国民体育大会(だい57かいこくみんたいいくたいかい)は、2002年1月26日から10月31日までの期間、高知県高知市を主な会場として開催された。大会スローガンは「いしん前進」。大会マスコットはくろしおくん

第57回国民体育大会
よさこい高知国体
開催都道府県 {{{開催都道府県}}}
参加人数 30,822人
競技数 (正式競技)40競技
(公開競技){{{公開競技数}}}競技
開会式 10月26日
閉会式 10月31日
開会宣言 橋本大二郎
選手宣誓 岩切加奈子
最終炬火ランナー 小松隆志、河野花梨
主競技場 春野運動公園(秋季大会開会式)
県民文化ホール(秋季大会閉会式)
テンプレートを表示

1月26日から北海道帯広市で冬季大会スケート・アイスホッケー競技会、2月20日からは新潟県妙高高原町ほかでスキー競技会が行われた。

9月21日からは夏季大会が、10月26日からは秋季大会が開催された。

概要編集

四国での開催はこれまで複数の県が共同開催されたが、単独での開催は初めて。そのため、宿舎や競技会場が不足した。これを受けて、宿舎に入りきれなかった選手を県民有志の自宅や公共施設内に宿泊させる異例の運営方針をとったほか、陸上競技会の開催も秋季大会開会式前に前倒しすることを余儀なくされた。個人では多くの選手が好成績を収めた。しかし、橋本大二郎高知県知事が他県からの選手の引き抜きを行わない方針を貫き[1]、高知は男子・女子総合とも優勝とはならなかった。これは開催地優勝が常態化していた国体で39年ぶりのことである[2]

冬季大会編集

スケート競技会・アイスホッケー競技会編集

第57回国民体育大会冬季大会スケート競技会・アイスホッケー競技会は、1月26日から1月30日を会期として北海道帯広市清水町浦幌町で開催された。テーマは「とかち青空国体」。スローガンは「銀盤に輝け  新世紀の夢と技」。

実施競技・会場一覧編集

競技名 会場地 会場
スケート スピード詳細   帯広市 帯広の森スピードスケート場
ショートトラック詳細   帯広の森スポーツセンター 
フィギュア詳細  
アイスホッケー詳細   帯広市 帯広の森アイスアリーナ
帯広の森第二アイスアリーナ
清水町 清水町アイスアリーナ[3]
浦幌町 浦幌町アイスアリーナ[4]

夏季大会編集

実施競技・会場一覧編集

前回秋季大会実施のサッカー、テニス、弓道、ライフル射撃と高校野球(硬式、軟式)を含む11競技(高校野球は公開競技)。

正式競技
公開競技

秋季大会編集

実施競技・会場一覧編集

正式競技
公開競技

イメージソング編集

作詞・作曲・歌:岡本真夜

総合成績編集

天皇杯編集

皇后杯編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「国体のあり方 見直しを」(東京新聞2020年9月29日付)
  2. ^ 第57回大会の概要‐国民体育大会日本スポーツ協会ホームページ)
  3. ^ 清水町アイスアリーナ
  4. ^ 浦幌町アイスアリーナ

外部サイト編集