メインメニューを開く

古久保 正人(ふるくぼ まさと、1958年2月12日 - )は、日本裁判官仙台高等裁判所部総括判事等を経て、青森地方裁判所所長。

人物・経歴編集

1980年専修大学法学部卒業。同年旧司法試験合格[1]。1981年司法修習生。1983年東京地方裁判所判事補。1986年長崎地方裁判所判事補。1989年静岡地方裁判所沼津支部判事補。1992年大阪地方裁判所判事補。1993年同判事。1995年札幌地方裁判所判事[2]

1999年大阪高等裁判所判事職務代行。2001年同判事。2002年大津地方裁判所彦根支部長。2005年東京高等裁判所判事。2008年札幌地方裁判所部総括判事。2011年東京地方裁判所部総括判事。2015年仙台高等裁判所部総括判事。2017年青森地方裁判所所長及び青森家庭裁判所所長[2][3]

裁判編集

脚注編集

  1. ^ [1] 「一 三 〇 年 前 の 建 学 精 神 、 脈 々 。 社 会 に 問 う 経 済 と ... - 」]専修大学
  2. ^ a b 青森地方・家庭裁判所長裁判所
  3. ^ 「青森地裁・家裁:「質の高い裁判を」 古久保所長が抱負 /青森 」- 毎日新聞2017/10/13
  4. ^ 津波で犠牲、二審も敗訴 仙台高裁、校長の過失認定 児童遺族への賠償命令 2017/4/27付日本経済新聞 夕刊
  5. ^ 「女児の津波犠牲、二審も賠償支持 高裁初、学校の責任認める」|山形新聞2017年04月27日


先代:
草野真人
青森地方裁判所長
2017年 -
次代:
(現職)