メインメニューを開く

古川 常一郎(ふるかわ つねいちろう)は、明治期の東京外国語学校露語科教授。佐賀県出身。

二葉亭四迷(長谷川辰之助)の恩師として知られる。長谷川、市川文吉とともに「露語の三川(さんせん)」と呼ばれた。

活字印刷としては、初めての本格的な辞書『露和字彙』(1887年明治20年)1月発刊)の作成者のひとり。この辞書は上下 二巻、2,749ページ、収録語数11万語という当時としては驚異的なもの。明治政府文部省)の命によって編集された辞書だが、極めて短期間で完成させたことで知られる。