メインメニューを開く

古市 六三(ふるいち ろくぞう、1885年明治18年)6月25日[1] - 1961年昭和36年)3月10日[1][2])は、明治から昭和期の鉱山技術者実業家政治家華族貴族院男爵議員

経歴編集

東京工学者古市公威の長男として生まれた[1][3]。父の死去に伴い、1934年3月1日、男爵を襲爵した[1][3][4]

1910年7月、東京帝国大学工科大学採鉱及冶金学科を卒業[2][3][5][6]。同年、住友総本店に入社[5]。以後、別子鉱業所採鉱課主任、住友合資技師長、住友本社技師長、住友鉱業取締役、昭和鉱業取締役、帝国鉱業開発副社長、同社長、東北亜鉛鉱業社長、藤田組会長、日本鉱業会会長などを務めた[2][3][5]

1942年1月、貴族院男爵議員補欠選挙で当選し[7]公正会に所属して活動し、1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]。その他、石炭生産能力調査委員会委員、鉄道省委員、運輸通信省委員を務めた[2]

また、日本の漕艇(ボート競技)の先駆者の一人で、日本漕艇協会(のちの日本ボート協会)の会長を務めた[5]

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』下巻、463-464頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』83頁。
  3. ^ a b c d 『人事興信録』第14版 下、フ93頁。
  4. ^ 『官報』第2148号、昭和9年3月2日。
  5. ^ a b c d 『現代人名情報事典』890頁。
  6. ^ 『東京帝国大学一覧 明治43-44年』東京帝国大学、1911年、学士及卒業生姓名165頁。
  7. ^ 『官報』第4507号、昭和17年1月20日。

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代人名情報事典』平凡社、1987年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。


日本の爵位
先代:
古市公威
男爵
古市(公威)家第2代
1934年 - 1947年
次代:
華族制度廃止
ビジネス
先代:
芳川寛治
藤田組社長
1943年 - 1945年
次代:
太田泰治