司徒美堂

中国の政治家 (1868-1955)。中国致公党の創始者の1人

司徒美堂(Si-tu Mei-tang、1868年4月3日 - 1955年5月6日)は、戦前期アメリカで活躍した実業家で中国致公党広東省紅門志公党、もとは洪門として知られる)創設者のひとり。開平出身で、その元の名前は司徒羡意、字は基赞、米国の華僑のリーダーである[1]

司徒美堂
Situ Meitang.jpg
司徒美堂
生誕司徒羡意
(1868-04-03) 1868年4月3日
清の旗 肇慶府开平县赤墈中股滘堤洲牛路
死没1955年5月6日(1955-05-06)(87歳)
中華人民共和国の旗 中国北京市
墓地北京八宝山革命公墓
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
中華人民共和国の旗 中国
別名基赞(表字
職業中国洪门致公党创始人
著名な実績爱国华侨,团结侨胞,慷慨救国
政党中国洪门致公党
中国致公党
配偶者方春女
张洁凤
親戚长子:司徒柱
三子:司徒杰
幼子:司徒立

生涯編集

青年期編集

1875年以来、线香の徒弟として新会郡の学校を中退した後、私塾で4年間勉強する。1882年3月にに14歳で渡米。サンフランシスコのチャイナタウンで飲食店従業員となり、1885年に、華僑相互扶助組織洪門(致公堂)に加入。

1888年、店で食い逃げをした白人チンピラを殴り殺して逮捕。死刑を宣告された。華僑と洪門の人々はすぐに彼らを救うためにカンパし、懲役10ヶ月に減刑された。

1894年の冬、ボストンに致公堂の下部組織である安良堂を設立し、大佬(親分)に就任 [2] 1895年春、米海軍に入隊し、米軍艦「パウロモ」のシェフを務めた[2]

政治活動編集

 
1941年12月、周恩来らが、八路軍の重慶事務所で司徒美堂、徐宗漢らを迎える。左から:司徒柱(Meitangの長男)、董必武、司徒美堂、周恩来、徐宗汉、鄧穎超

1904年、美堂はボストンで孫文と出会い、孫文のボディーガード兼シェフを務めた。5か月の滞在中、孫文は司徒美堂から資金の融通など革命活動の支援を受けました。1908年、司徒美堂は、駆け出しの弁護士フランクリン・ルーズベルトを法律顧問として雇いました。

1911年4月広州での黄花崗起義は失敗し、同盟会は緊急に資金を必要としていました。カナダのフリーメーソン組織からカナダビクトリアバンクーバートロント、 3つの4期住宅ローン法廷ビル、「Wen Zhi Gong Tangが10,000香港ドルを寄付した最初の港、ビクトリア港の不動産住宅ローン法廷300万。地元の華僑はさらに4000元を集めました。 DulanDuobuも10,000元を抵当に入れました。合計70,000元。世界で最も多い。米国や他の地域と合わせて、合計157,213元が調達されました[3]武昌起義の後、孫文に中華民国総統としての支援を求めた。1924年初頭の国民党の北伐では、国民党も司徒美堂から強力な支援を受けました。美堂は、反日戦争の勃発後、国内の反日戦争を支援するために「華僑中国反日国民救済募金協会」の組織に参加し、華僑を積極的に動員して寄付を行った 。

南安徽事件後に1941年6月、蒋介石へ自分の欲望表明「分裂に反対して団結に固執;降伏に反対し、抵抗の戦争で存続を」と電報する。1945年初頭、洪門公塘は「中国洪門党」に改名され、司徒美堂が党の米国本部の議長に選出された。日中戦争終結後、中国に帰国し、致公党の名のもとに活動を行った。

1945年4月、司徒美堂は国連準備委員会への中国代表団の華僑コンサルタントとして雇われました。

1946年4月、司徒美堂は中国に戻り、9月1日に上海に設立された中国洪門民治党を結成しました[4]

司徒美堂は、毛沢東の新民主主義を積極的に受け入れた。1948年春、蒋介石政権打倒と民主連合政府の樹立を訴える五・一スローガンに賛同。同年10月、司徒美堂は、「上毛主席致敬書」を中国共産党に送付。新政権下で新たに開かれる政治協商会議への参加を申し入れた。1949年、周恩来が中華人民共和国の略称を「中華民国」とする案の可否を諮った際に蒋介石への嫌悪感から強く反対意見を述べてそれが採用された[5]9月30日、中華人民共和国中央人民政府委員会の委員に選出されました。

死後編集

1955年5月8日の午後、司徒美堂は脳出血で亡くなりました。彼は87歳でした。周恩来中華人民共和国国務院首相は、式典を主宰。その後、遺跡は北京馬場山革命墓地に埋葬された[6]。その後、遺体は北京八宝山革命公墓地に埋葬されました。

司徒美堂の死後、彼の未亡人の張傑峰は、月額70元以上の生活費で「国の有名人の未亡人」の治療を楽しんだ。1966年の文化大革命の赤い八月の間に、張傑峰は紅衛兵から「悪者」として非難され、ベルトで殴り殺された[7]

1986年、故郷の開平に「司徒美堂記念館」が建てられました。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 第2版, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,世界大百科事典. “司徒美堂とは” (日本語). コトバンク. 2021年5月5日閲覧。
  2. ^ a b 出典が入力されていません。 (説明)
  3. ^ 冯自由《革命逸史》第三卷,《加拿大同盟会史略》322页
  4. ^ 《大汉公报》,1946年9月28日,第2版。4月13日,第1版。4月12日,第3版。10月19日,第3版。10月7、8日、11月15日、9 月6日,第2版。北京市政协文史资料研究委员会、广东省政协文史资料研究委员会:《回忆司徒美堂老人》,北京:中国文史资料出版社。1988年5月,第78-82页。
  5. ^ 司徒美堂建議刪掉"中華民國"”. 2015年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月27日閲覧。
  6. ^ “司徒美堂事蹟 《五邑僑胞耀中華》”. 星島日報. (2017年10月23日). オリジナルの2020年12月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201229212320/https://www.singtaousa.com/ny/437-%E7%BE%8E%E6%9D%B1%E5%9C%B0%E5%8D%80/342642-%E5%8F%B8%E5%BE%92%E7%BE%8E%E5%A0%82%E4%BA%8B%E8%B9%9F+%E3%80%8A%E4%BA%94%E9%82%91%E5%83%91%E8%83%9E%E8%80%80%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E3%80%8B/ 2020年12月29日閲覧。 
  7. ^ 章立凡. “歷史從未寬恕過任何罪惡”. 開放雜誌. 2020年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月25日閲覧。