司馬 躍(しば やく、? - 495年)は、北魏官僚は宝龍。本貫河内郡温県

経歴編集

司馬楚之の子として生まれた。趙郡公主を妻に迎え、駙馬都尉に任じられた。兄の司馬金龍に代わって雲中鎮将・朔州刺史として出向し、仮の安北将軍となり、河内公に封じられた。河西の猟園を廃止して、民衆に開放し、開墾を進めさせるよう上奏して、孝文帝に容れられた。召還されて祠部尚書・大鴻臚卿・潁川王師となった。病のため解任を求めて上表した。495年太和19年)、死去した。金紫光禄大夫の位を追贈された。

伝記資料編集