メインメニューを開く
本来の表記は「合川 珉和」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

合川 珉和(あいかわ みんわ、生没年不詳)とは、江戸時代京都浮世絵師

来歴編集

岸駒の門人かといわれる。姓は合川、名は秀成。珉和、雪山、合川亭、子陳と号す。作画期は文化から文政の頃にかけてで、読本滑稽本、狂歌本、絵手本、教訓書など版本の挿絵を数多く手がけている。

作品編集

  • 『物草太郎』 ※読本、文化4年(1807年)刊行。西洲散人作
  • 『ありま筆』 ※滑稽本、文化8年(1811年)刊行。年々房来里作
  • 光琳画式』 ※絵手本、文化15年(1818年)刊行
  • 扁額軌範』 ※二編、文政4年(1821年)序。速水春暁斎編、珉和・北川春成縮図

参考文献編集