メインメニューを開く

吉村 正(よしむら ただし、1932年 - 2017年)は、1932年生まれの産婦人科医。1956年、名古屋大学医学部卒。医学博士。

経歴編集

1961年 29歳で岡崎市内に吉村医院を開院。開院当初は最先端の医療機器を備え、分娩の管理を目指していたが、産科医として出産に立ち会うなかで、自然なお産を目指すようになり、1975年産院の裏に江戸時代の古民家を移築して分娩前の妊婦たちに薪割りなどの労働を行い安産を待つスタイルを確立していった[1]1999年には、さらに発展させ「お産の家」を新築し、自然分娩について全国で講演会を展開していった。2010年河瀬直美監督によって、吉村医院を舞台としてドキュメンタリー映画『玄牝-げんぴん-』が製作された。この年に体調を壊し、2013年末を持って、院長を辞任した。

[2]。 2017年初頭から体調の衰えが激しくなり、娘でミュージシャンの大辻織絵が専門医の受診を試みたものの本人の抵抗にあって果たせず、同年秋頃には容体がさらに悪化してアルツハイマー病を発症していたことが判明。2017年11月7日に死去した。 晩年の様子は娘の大辻のブログで公表されている。[3]

1964年6月名古屋大学医学博士 論文の題は「冬眠カクテルの吉田肉腫に及ぼす影響に関する実験的研究」[4]

出典・脚注編集

  1. ^ 吉村の提唱する労働により安産の確率が高まるというデータは示されていない。帝王切開や陣痛促進剤等の標準的な産科医療技術を否定しているため、吉村医院でそのような措置が必要な難産に陥った場合、妊婦は他院に搬送されている。
  2. ^ 退任のご挨拶 : うぶやの会ブログ
  3. ^ [1]
  4. ^ 博士論文書誌テータベースによる

著書編集

映画編集