メインメニューを開く

吉祥寺(きちじょうじ)は、福岡県北九州市八幡西区吉祥寺(きっしょうじ)町に所在する浄土宗寺院山号は誕生山。院号は聖光院。本尊阿弥陀如来開山は浄土宗鎮西派の祖である弁長

吉祥寺
所在地 福岡県北九州市八幡西区吉祥寺町
山号 誕生山
宗旨 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 建保5年(1217年)
開山 弁長
法人番号 5290805004278 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

一般的に地名同様に「きっしょうじ」と呼ばれることが多いが、寺院名は「きちじょうじ」の読みが正しい。公的な道路表示にも間違いが多々見受けられる。

境内に4種類10数本のフジが植えられており、その中のノダフジ3本は樹齢130年に達し、北九州市の保存樹に指定されている。フジの開花シーズン中の毎年4月27日から4月29日にかけて「吉祥寺藤まつり」が開催される。

歴史編集

建保5年(1217年)に弁長を開山、香月則宗を大檀越として創建される。一時衰退するが、文明5年(1483年)に香月興則により再興される。

明治21年(1888年)に境内に弁長の記念碑が建立される。

参考文献編集

  • 「日本歴史地名大系第41巻・福岡県の地名」(2004年10月20日初版、平凡社

外部リンク編集