メインメニューを開く

吉良 朝氏(きら ともうじ)は、室町時代前期の武士後期東条吉良(下吉良)氏2代当主。三河国東条城主。

 
吉良朝氏
時代 室町時代前期
生誕 不明
死没 応永35年4月25日1428年6月8日
戒名 光栄寺殿
官位 右兵衛督
氏族 後期東条吉良(下吉良)氏
父母 父:吉良尊義
持長

吉良尊義の嫡男として誕生した。東条中務を称する。

事績は確かな史料がなく明らかとなっていないが、晩年、剃髪して京に居住したらしい。応永31年(1424年)12月30日に三宝院満済の許へ歳末の礼に訪れている。

応永35年(1428年)4月25日、病死した。

出典編集

  • 『吉良町史 中世後期・近世』