吉良 竜夫(きら たつお、1919年12月17日 - 2011年7月19日[1])は、日本生態学者。理学博士大阪市立大学名誉教授。元日本生態学会会長。初代日本熱帯生態学会会長。

来歴・人物編集

大阪市生まれ。旧制大阪府立北野中学校(現大阪府立北野高等学校)、1942年京都帝国大学農学部卒業。

父は、滋賀県大津市の出身で、大阪府四條畷市曹洞宗寺院龍尾寺住職小学校教師、貝類研究家の吉良哲明で、この父の薫陶でナチュラリストとしての素養を幼少時から身につけた。

京都帝国大学在学中には、今西錦司森下正明、さらに1年後輩の梅棹忠夫とともに、大興安嶺山脈ポナペ島の探検に参加。大阪市立大学在任中に日本各地、中国東南アジアの調査を行い植物地理学の研究に取り組み温量指数を考案した。また、日本および世界における森林帯の気候区分体系の解明と確立を行うなど、いち早く生態学的な事象を地球規模で捉えるという広い視点を持ち、日本の生態学のその後の発展の礎を築いた。

吉良のコスモス国際賞受賞を記念して日本熱帯生態学会は1998年に「吉良賞」を創設した。

略歴編集

  • 1919年 - 大阪市に生まれる。
  • 1927年 - 大阪府立北野中学校卒業
  • 1942年 - 京都帝国大学農学部卒業
  • 1943年 - 京都帝国大学農学部助教授に着任(園芸学)。
  • 1949年 - 大阪市立大学理学部教授に着任(植物生態学)。
  • 1982年 - 滋賀県琵琶湖研究所の初代所長に就任(1994年まで)。
  • 2011年7月19日 - 脳梗塞のため死去。91歳没[1]

受賞歴編集

研究成果編集

吉良の研究成果については枚挙に暇が無いが、特に次のものが挙げられる。
1939年から1948年
  • 日本およびアジアにおける植物地理学の研究と温量指数の考案
1949年から1981年
  • 高等植物の個体群における実験的研究
  • 森林生態系の基礎解明
1982年以後
  • 琵琶湖およびその周辺水域における環境動態の研究

脚注編集

[ヘルプ]

関連項目・人物編集

外部リンク編集