吉野誠一(よしの せいいち、1983年 - )は、日本の構造家。株式会社よしの主宰[1]山口県生まれ。

2005年、日本大学理工学部建築学科卒業。 2007年、日本大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了。 2007~2012年、株式会社梅沢建築構造研究所に勤務。 2012~2016年、よしの事務所設立。2016年から株式会社よしの。

主な担当物件に、阿佐ヶ谷の家構造設計(第43回東京建築賞戸建住宅部門優秀賞受賞)(2014年)南相馬市消防・防災センタートップライト構造設計(2015年)多摩高校中央棟鉄骨屋根構造設計(共同構造設計:岡田宮里研究室、2016年)book(集合住宅)構造設計(2016年)泉佐野の住宅構造設計(2016年)GINZA SIXの光膜天井・ルーバー手摺研究開発(2017年)など。

脚注 編集