メインメニューを開く

名古屋陶磁器会館(なごやとうじきかいかん)は、愛知県名古屋市東区徳川一丁目にある建築物で、名古屋を代表する表現主義建築の一つ[3]

名古屋陶磁器会館
Nagoya Ceramics Hall
Nagoya Ceramics Hall 20141006.JPG
名古屋陶磁器会館(2014年10月)
情報
用途 ギャラリー、事務所
旧用途 事務所
設計者 鷹栖一英
施工 志水建築業務店[1]
管理運営 一般財団法人名古屋陶磁器会館[2]
構造形式 RC造、一部S造[2]
建築面積 325 m² [2]
階数 3階[2]
竣工 1932年(昭和7年)11月
所在地 461-0025
愛知県名古屋市東区徳川一丁目10番3号
座標 北緯35度10分54.14秒
東経136度55分24.71秒
座標: 北緯35度10分54.14秒 東経136度55分24.71秒
文化財 国の登録有形文化財
指定・登録等日 2008年(平成20年)10月23日[2]
テンプレートを表示

概要編集

かつて名古屋陶磁器貿易商工同業組合の事務所として使用されていた建築物で1932年(昭和7年)11月に完成した[3]。設計は名古屋高等工業学校教授の鷹栖一英(たかのすいちえい)[3]1946年(昭和21年)には3階部分を増築[3]、建物の外壁四面は施釉スクラッチタイル貼りで、室内には床に伊奈製陶製のモザイクタイルを使用、アール・デコ調のレリーフのある天井や建具などが残っている[3][4]

現在は、1階部分がかつて輸出用に製造されていた陶磁器を展示紹介をするギャラリーとして使用されるほか、絵付け教室なども行われている。2階・3階には別のテナントが入っている[3][4]

2008年(平成20年)3月28日には名古屋市の景観重要建造物等指定物件に指定され[5]、同年10月23日には国の登録有形文化財に登録されている[2]

なお、管理・運営は一般財団法人名古屋陶磁器会館が行っているが、これは1949年(昭和24年)9月に財団が設立された際、名古屋陶磁器貿易商工同業組合より引き継いだものである[1]

利用案内編集

  • 開館時間: 9:00 - 17:00(入館は16:30まで)[4]
  • 入館料: 無料[4]
  • 休館日: 月曜日、火~金曜日が祝日の場合(夏季、年末年始、その他臨時休館あり)[4]

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 名古屋陶磁器会館について”. 一般財団法人名古屋陶磁器会館. 2014年8月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 名古屋陶磁器会館”. 国指定文化財等データベース(文化庁). 2014年8月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 名古屋陶磁器会館及び寳泉寺書院について (PDF)”. 愛知県. 2014年8月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 名古屋陶磁器会館”. 一般財団法人名古屋陶磁器会館. 2018年8月1日閲覧。
  5. ^ 登録有形文化財(建造物)の登録についてお知らせします - 愛知県”. 愛知県. 2018年8月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集