名和 美代児(なわ みよじ、1937年9月2日 - )は、日本の漫談家[1]東京演芸協会の相談役も務める[2]

略歴編集

東京都江東区出身。ラジオ東京しろうと寄席で落語を演じ、連続20週合格。素人名人位を獲得。1962年声帯模写で、プロに転向。浅草松竹演芸場で初舞台を踏む。司会者としても活躍しており、水前寺清子三橋美智也村田英雄大月みやこ二葉百合子の専属司会者で東奔西走。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 名和 美代児 - 日本アーティストユニオン
  2. ^ 名和 美代児 - 日本演芸協会

関連項目編集