コメディアン

コメディ即ち喜劇を演じる俳優

コメディアン: comedian, : humoriste)または喜劇俳優(きげきはいゆう)とは、コメディ即ち喜劇を演じる俳優を指す。演芸を演じる者については「芸人」と呼称されることがある[1]。日本では喜劇俳優もその他の俳優と同様に「俳優」と扱い、主に演芸を演じるお笑い芸人のみを「コメディアン」と称する場合も多い。

女性の場合はコメディエンヌという。これは和製仏語(フランポネ)とも思われるが[2]、英語のcomedienneも女性喜劇人の意で使われる。

概要編集

コメディアンは主に小道具等を用いたどたばた喜劇(スラップスティック・コメディ映画)をすることがある。

道化師が派手な服装と化粧をし、どたばた喜劇をするが、ほとんどのコメディアンが言葉のスタイルのユーモアに焦点を合わせるため、道化師とコメディアンを区別することができる。

19世紀以前、コメディアンの主な活動の現場は舞台だった。映画の発達以降、舞台から映画に進出する者も現れ、国際的に名の知られるコメディアンも誕生するようになった。例えばボードビルミュージシャンから表現活動を始め、後に多くの映画に出演したマルクス兄弟などがいる。

コメディアンの例編集

参考資料編集

  • 「世界の喜劇人」 小林信彦
  • 「日本の喜劇人」 小林信彦

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 最近では「コント師」という呼び名もある。
  2. ^ 仏語のhumoristeは男女同形。fr:comédienは(舞台)俳優の意で、comédienneはその女性形。

関連項目編集