北条 時家(ほうじょう ときいえ)は、鎌倉時代後期の武将、北条氏の一門。名越流の第4代当主名越 時家(なごえ ときいえ)とも呼ばれる。

 
北条時家 / 名越時家
時代 鎌倉時代後期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 名越時家
官位 従五位下、美作守、兵庫
幕府 鎌倉幕府 鎮西探題引付衆
三番引付頭人、五番引付頭人
主君 久明親王
氏族 北条氏名越流
父母 父:北条公時、母:北条重時の娘
兄弟 時家公貞時綱
貞家周時高家
テンプレートを表示

生涯編集

永仁元年(1293年)7月24日、異国警固のために北条兼時と共に鎮西に下向する。

同3年(1295年)4月29日、鎌倉へ戻って5月に引付衆となる。

正安3年(1301年)8月、三番引付頭人に就任し、乾元元年(1302年)2月18日に三番引付頭人を辞任。

同年9月11日、五番引付頭人に就任し、嘉元2年(1304年)9月25日に五番引付頭人を辞任。

先代:
北条公時
名越流北条氏
第4代当主
次代:
北条高家