后 蒼(こう そう、生没年不詳)は、中国前漢学者政治家東海郡の人。后倉とも表記される。近君五経研究の先駆者のひとり。孟卿に師事していた閭丘卿は同窓の士である。

事績編集

最初は夏侯始昌に師事し、孟卿にも師事した。夏侯始昌は五経全般に通じ、孟卿は礼経に通じていた。后蒼は詩経と礼とに通じるようになった。礼について数万言にも及び論じた『后氏曲台記』を記した。

弟子の翼奉蕭望之匡衡は『斉詩』の学を与え、聞人通漢載德載聖慶普には『后氏曲台記』を授けた。

博士となり、最終的に本始二年(紀元前72年)、少府にまでのぼった。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  • 漢書』儒林伝
  • 『漢書』文芸志