君島 永胤(きみじま ながたね)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武士下野国塩谷郡船生城主。

 
君島永胤
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 不明
死没 寛永15年8月23日1638年9月30日
別名 五郎、右衛門、主膳
戒名 徳林道功居士
主君 宇都宮国綱則綱
氏族 君島氏
父母 父:君島高胤
テンプレートを表示

略歴編集

君島高胤の嫡男として誕生。

父・高胤が慶長2年(1597年)6月15日に没すると家督を継ぎ船生城主となるが、同年10月13日に主君・宇都宮国綱が改易されると、自身も流浪の身となり、その年に生まれたばかりの国綱の次男・則綱に、川上通正(あるいは川上通茂)と共に従い那須の地[1]に移り住んだ。

則綱が13歳で没すると、那須の地を離れ、塩原邑茗荷里[2]に移り住み、茗荷君島氏の祖となる。

寛永15年(1638年)8月23日、死去。

脚注編集

  1. ^ 現・那須烏山市興野。
  2. ^ 現・那須塩原市