宇都宮 則綱(うつのみや のりつな、慶長2年(1597年) - 慶長14年3月21日1609年4月25日))は、下野国武将宇都宮国綱の次男。母は興野隆広の娘。別名弥四郎。

略歴編集

則綱は、宇都宮国綱の次男で、母親は、兄の義綱とは異なり、那須の興野氏出身の側室であり庶子であった。しかも、生まれた年の慶長2年(1597年)10月13日に宇都宮氏改易されたため、国綱からは離され、母親の実家である那須の興野(現・那須烏山市興野)に移り住んだ。この際、宇都宮家の家臣であった川上通正(あるいは川上通茂)や君島永胤などが則綱に従った。

しかし、父国綱が没した翌年、その後を追うように慶長14年(1609年)3月21日、13歳という若さで早世する。