本来の表記は「呉棫」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

呉 棫(ご よく)は、中国宋代官僚音韻学者。才老舒州の出身。

略歴編集

1124年宣和6年)に進士に合格、泉州通判となる。今に残る著書に音韻学書の『韻補』があり、『書稗伝』の撰者でもある。また『古文尚書』について懐疑を起こした[1]

脚注編集

  1. ^ 閻若璩『古文尚書疏證』巻八に「疑古文自呉才老始」とある。