メインメニューを開く
本来の表記は「呉世璠」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

呉 世璠(ご せいはん)は、三藩の乱の時期に存在したの第2代(最後)の皇帝

洪化帝 呉世璠
第2代皇帝
王朝
在位期間 1678年 - 1681年
都城 衡陽→貴陽→昆明
姓・諱 呉世璠
生年 不詳
没年 洪化4年(1681年)10月
呉応熊
和碩恪純公主(太宗ホンタイジの娘)
后妃 郭皇后
年号 洪化 : 1678年 - 1681年

生涯編集

周の初代皇帝・昭武帝呉三桂の孫、呉応熊和碩恪純公主(太宗ホンタイジの娘)との間の子、呉世霖の同母弟。昭武元年(1678年)に即位した祖父がすぐに崩御したため即位したが、祖父の死により清軍の攻勢はさらに強まり、湖南を皮切りに長沙、重慶、成都を次々に制圧し、洪化4年(1681年)に逃れた昆明が清軍に陥落されると首を吊って自害し、周は滅亡した。

この前後に平南王尚之信、靖南王耿精忠の両藩も取り潰され、三藩の乱は鎮圧された。康熙22年(1683年)には台湾の鄭氏政権も清に降伏、こうして清の中国への直接支配体制が完成した。

先代:
昭武帝
の第2代皇帝
1678年 - 1681年
次代:
滅亡