メインメニューを開く

周旋(しゅうせん)とは売買交渉で当事者間に立ち世話をする事である。ここでは国際法における周旋について解説する。

国際法における周旋編集

国際法において周旋とは国際紛争の解決策の一種である。第三国が紛争の平和的な解決のために当事国に対し交渉開始のために便宜を図るまたは、開始された交渉の進行を図る事で、当事国同士の交渉が困難な場合などに用いられる。なお、紛争解決策を具体的に勧告する仲介居中調停とは違い当事国間の交渉に第三国は直接参加することはない。

参考資料編集