メインメニューを開く

周 汝昌(しゅう じょしょう、1918年4月14日 - 2012年5月31日)は、中国の学者、詩人、紅楼夢研究家(紅学家)[1]。本字は禹言敏庵であり、のち玉言に改めた。研究分野は、中国古典文学と紅楼夢。中国紅学研究の泰斗である[2][3]

周 汝昌
Zhou Ruchang 1939.jpg
1939年
生誕 (1918-04-14) 1918年4月14日
中華民国の旗 中華民国(北京政府) 天津咸水沽(現・津南区
死没 (2012-05-31) 2012年5月31日(94歳没)
中華人民共和国の旗 中華人民共和国 北京市
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
民族 漢族
出身校 燕京大学
職業 学者、詩人、紅学家
周 汝昌
各種表記
繁体字 周 汝昌
簡体字 周 汝昌
拼音 Zhōu Rǚchāng
英語名 Zhou Ruchang
テンプレートを表示

来歴・人物編集

  • 1918年4月14日、天津咸水沽で生まれた。
  • 1953年9月、四川大学外国語学部の教員となり、『紅楼夢新證』を出版。[4]
  • 2012年5月31日、95歳で死去。[6]

著作編集

紅楼夢研究編集

  • 曹雪芹』(1964年作家出版社、1980年天津百花出版社);
  • 『恭王府考』(1980年上海古籍出版社)
  • 『石頭記鑑真』(1985年書目文獻出版社)
  • 『紅楼夢と中華文化』(1989年工人出版社、台湾東大図書公司)
  • 『紅楼夢の歴程』(1989年黒竜江省人民出版社)
  • 『恭王府と紅楼夢』(1992年北京燕山出版社)
  • 『曹雪芹新伝』(1992年外文出版社)
  • 『紅楼夢芸術』(1995年人民文学出版社、2006年作家出版社)
  • 『紅楼夢の真故事』(1995年華芸出版社、2005年山東画報出版社)
  • 『紅楼真本』(1998年北京図書館出版社)
  • 『周汝昌紅学精品集』(1998年華芸出版社)
  • 『風流文采第一人』(1999年東方出版社)
  • 『紅楼小講』(2002年北京出版社)
  • 『紅楼奪目紅』(2003年作家出版社)
  • 『周汝昌點評紅楼』(2004年團結出版社)
  • 『曹雪芹画伝』(2004年作家出版社)
  • 『紅楼十二層』(2004年書海出版社)
  • 『和賈寶玉對話』(2005年作家出版社)
  • 『周汝昌夢解紅楼』(2005年漓江出版社)
  • 『定是紅楼夢里人:張愛玲と紅楼夢』(2005年団結出版社)
  • 『紅楼別様紅』(2008年作家出版社)

専門書編集

  • 『范成大詩選』(1959年·1997年人民文学出版社)
  • 『白居易詩選』(1962年作家出版社、1997年人民文学出版社出版)
  • 『楊万里選集』(1962年中華書局、1979年上海古籍出版社、1999年河北教育出版社)
  • 『書法芸術問答』(1980年香港中華書局、1982年文化芸術出版社)
  • 『詩詞賞会』(1987年広東人民出版社)
  • 『神州自有連城璧:論中華美学』(2005年山東画报出版社)

その他編集

  • 『石頭記人物画』(題詩40首)(1979年人民美術出版社)
  • 『歳華晴影』(1997年上海東方出版社中心)
  • 『臙脂米伝奇』(1998年華文出版社)
  • 『硯霓小集』(1998年山西教育出版社)
  • 『脂雪軒筆語』(上海人民出版社)
  • 『周汝昌自伝: 紅楼无限情』(2005年北京十月文芸出版社)
  • 『我与胡適先生』(2005年漓江出版社)

脚注編集

  1. ^ 中国古典「紅楼夢」の研究者・周汝昌さん死去”. 人民網日本語版. 2012年5月31日閲覧。
  2. ^ “《周汝昌简介》” (中文). 中国網. http://www.china.com.cn/news/zhuanti/wlhr/2009-10/22/content_18749262.htm 
  3. ^ 《红学泰斗——周汝昌》” (中文). 人民網. 2018年3月18日閲覧。
  4. ^ 为芹辛苦见平生” (中国語). 淮海夕刊. 2012年6月3日閲覧。
  5. ^ 《周汝昌咸宁“镀金”》” (中文). 人民網. 2011年7月25日閲覧。
  6. ^ “著名红学家周汝昌逝世 享年95岁” (中国語). 鳳凰網. http://news.ifeng.com/mainland/detail_2012_05/31/14957296_0.shtml 2012年5月31日閲覧。