メインメニューを開く

味真野のサクラ(あじまののサクラ)は、福井県越前市池泉町にある越前市味真野小学校の校庭の中にある一本桜[1]越前市指定文化財天然記念物)である。

味真野のサクラ
味真野小学校の桜.jpg
エドヒガン (C.spachiana)
所在地 福井県越前市池泉町9-1
越前市味真野小学校の校庭
管理者 越前市指定文化財天然記念物
ウェブサイト 越前市味真野小学校

目次

特色編集

越前市味真野小学校は、現存する小学校であるとともに、校庭の桜の木が越前市の観光スポットとなっている[2][3]。桜の種類はエドヒガンで、高さ約15m、幹回り約3m、枝張りは南北約17m、東西に約20m、樹齢は約150年とされる[2]。平日、授業が行われている時間は校内での見学不可である。2016年のシーズン中には午後7時から9時45分までライトアップされることとなった[4]。この夜桜の見学は自由とされる。

来歴編集

1905年(明治38年)旅順要塞攻略に伴う戦勝記念として、清水頭町の毫摂寺からエドヒガンの苗木が現在の味真野小学校の前身となる清雅小学校の校庭に移植された。1929年(昭和4年)には味真野小学校の移築に伴い現在の場所へと移された。この時、桜の木は校舎の横に立っていたが、1978年(昭和53年)の新校舎竣工に伴い旧校舎が取り壊されたため、校庭の中央に位置することとなった[5]

1978年(昭和53年)11月1日、武生市(現・越前市)によって「味真野のサクラ」として武生市指定文化財(天然記念物)に指定された[6]

脚注編集

  1. ^ 味真野の一本桜(福井県)の桜・お花見情報:桜の名所・お花見に行こう!全国桜のおすすめスポット2018:るるぶ.com” (日本語). るるぶ.com-観光・旅行情報・宿泊予約. 2019年2月7日閲覧。
  2. ^ a b 味真野小学校の桜”. JRおでかけネット (2010年4月15日). 2017年2月7日閲覧。
  3. ^ 福井県越前市の味真野小学校にある「味真野の桜」が満…:校庭の一本桜が満開”. 時事ドットコム (2016年4月5日). 2017年2月7日閲覧。
  4. ^ 福井)校庭の一本桜、早くも満開 越前・味真野小”. 朝日新聞デジタル (2016年4月4日). 2017年2月7日閲覧。
  5. ^ 味真野小学校 校庭の桜の歴史 (PDF)”. 越前市味真野小学校. 2017年2月10日閲覧。
  6. ^ 文化財種別一覧”. 越前市文化課 (2016年8月8日). 2017年2月7日閲覧。

外部リンク編集