メインメニューを開く

和信百貨店 (ko:화신백화점) は、韓国ソウル鍾路に存在したデパートである。現在の鍾路区公平洞に位置し、京城では丁子屋平田三中井三越と合わせて五大百貨店と呼ばれていた。

和信百貨店
略称 和信
本店所在地 大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮京城府本町
設立 1931年
業種 小売業
事業内容 百貨店
代表者 朴興植
関係する人物 朴吉龍、李健熙
テンプレートを表示

日本統治時代編集

1931年、当時の朝鮮の企業家である朴興植(パク・フンシク)が、京城府本町(当時)で設立した。1935年に全焼したのち、建築家である朴吉龍の設計により、1937年に地上6階・地下1階の建物が再建された。これは当時の京城で最も高い建物で、内部にはエレベーターとエスカレーターが、屋上には電光掲示板が設置されていた[1]

その後編集

1945年に大韓民国が独立したのちにも存続したが、1987年2月に閉業し、同年6月に建物も撤去された。後にサムスングループ会長(当時)の李健熙が土地を買収し、1999年に鍾路タワー(ミレニアムタワー)が完成したが、2016年に売却が決まり[2]、同年3月にイージス資産運用に正式に売却された[3]

参考編集