メインメニューを開く

SKグループ

韓国の財閥のひとつ

SKグループSK그룹)は、石油精製業や通信事業を軸とする韓国財閥である。韓国4大財閥の第3位。日本統治時代の織物・繊維会社「鮮京織物株式会社」をルーツに持ち、70年代以降は数々の買収を経て、石油化学、半導体、通信、建設などの分野を主に扱う[2]

SK
現地語社名 에스케이
企業形態 公開会社
取引所 KRX: 034730
業種 コングロマリット
設立 1953年4月8日(66年前) (1953-04-08
本社 大韓民国ソウル特別市鍾路区鍾路26
主要人物 崔泰源(会長兼CEO
製品 エネルギー化学電気通信
貿易サービス半導体建設、貨物輸送
売上高 減少 ₩ 125.917 (2016) [1]
資産総額 増加 ₩ 170.697 兆 (2016)[1]
従業員数 韓国: 83,645 (2016)[1]
ウェブサイト www.sk.com
テンプレートを表示

概要編集

1939年昭和14年)、朝鮮総督府時代の京畿道水原市日本資本として創業して織物を内地から輸入し満洲に織物輸出を行っていた「鮮満綢緞[3]」と、日本の「京都織物」が合弁で作った「鮮京織物株式会社」に端を発する。日本の第二次世界大戦敗戦による日本人経営者の内地引き揚げと現地残留資産の放棄後、朝鮮戦争を経た1953年、鮮京織物の製造部長だった崔鍾建朝鮮語版が、設立間もない大韓民国政府より工場設備一切の払い下げを受け、1956年に法人化した。その後は紡績・繊維業に事業の主力を置くが、1973年に鮮京油化を設立し石油精製に進出。同年に崔鍾建が死去すると実弟・崔鍾賢朝鮮語版がグループを引き継ぎ、重化学工業部門や建設、更にはウォーカーヒルホテルカジノ運営に進出し、1976年には本体の繊維部門が総合商社となって鮮京(ソンギョン、선경)と改称した。

1980年国営企業大韓石油公社(略称:油公、ユゴン、유공 、現SKイノベーション)の払い下げを受け、その後得た資金力で1994年には同じく国営の韓国移動通信の払い下げを受けて「SKテレコム」に改称。同社を韓国の携帯電話業界の最大手にまで成長させ、石油部門と並ぶグループの事業の柱を形成した[2]1998年にはそれまでのグループの英語名であった SunKyung があまり英語話者に馴染みにくいことと、「Sunk Young(沈んだ若者)」とも読み取られる語呂の悪さから企業名変更に着手。現在の社名となり、系列会社の名前もSKの名に改められる。一方で韓国通貨危機にあたっては複雑な支配構造となっていた「循環出資」[4]を2年間掛けて整理し、2007年7月持株会社へと移行した。2012年に半導体製造会社ハイニックス半導体を買収し、SKハイニックスとした[2]

2015年には韓国の産業用ガスメーカーのOCIマテリアルズを約510億円で買収した。2019年には母胎事業である石油化学事業が石油を必要としない電気自動車の台頭で揺らいでいる。SKグループ系列の化学メーカーであるSKCは2019年8月、主力の化学部門を分離してSKC PIC(仮称)を立ち上げた後、この会社の株式49%を売却して電気自動車バッテリーの核心素材メーカーのKCFTを買収するという化学部門を売却した資金でバッテリー事業に乗り出す路線を発表した。別の系列会社であるSK総合化学も、新たな収益事業を探るために、同月15日にフランスの石油化学メーカー・アルケマの高性能ポリマー事業を3億3500万ユーロ(約400億円)で買収した。SKグループの関係者は「精油化学事業がグループ全体の営業利益に占める割合は、一時は30-40%以上だったが、今では1桁台」と明らかにした[2]

不祥事編集

  • 2011年2月8日崔哲源が暴行で懲役1年6月の判決を受ける。
  • 2013年2月22日崔泰源(チェ・テウォン)会長が、特定経済犯罪加重処罰法の背任容疑で逮捕される[5]。崔泰源は実刑を受け服役していたが、2015年8月、朴槿恵大統領によって特赦を受けた[6]
  • 2018年7月、傘下の非上場企業SK建設がラオス南東部アッタプー県で建設したセーピアン・セーナムノイダムが決壊した。この事故で50億立方メートル以上の水が突然ラオスの7つの村に流入し、数百人の行方不明者、7000人の被災者が発生した。7月24日にSK建設は「ダムが崩壊したのではなくダムが氾濫した」と主張していた。ラオスのダム決壊の7日前から兆候があった上に韓国人職員53人は既に避難して、全員無事だったことに批判もある。後にダムが決壊したことを認めた[7][8]

グループ構成企業編集

  • SK(旧・鮮京)
  • SKC
  • SKイノベーション(元SKエナジー:分社化により2011年1月社名変更。以下エナジー、総合化学、ルブリカンツ三社の親会社)
    • SKエナジー(旧・SKエナジーの石油部門を引き継いだ会社。社名も知名度を考慮しSKエナジーを引き継いでいるが登記上は新会社となる。)
    • SK総合化学(旧・SKエナジーの化学部門を引き継いだ会社。英文社名ではSKグローバルケミカルとなる。)
    • SKルブリカンツ(潤滑油事業:2009年10月当時のSKエナジーより独立)
  • SKテレコム(旧韓国移動通信)
  • SK E&C - 建設
  • SKコーポレーションホールディングス
  • SKテリンク
  • SKプラネット
  • SKコーポレーション C&C
  • SKケミカル:高機能性プラスチック原料製造会社であるSK NJCを吸収合併した。
  • SKネットワークス
  • SK証券
  • SKマーケティングアンドカンパニー
  • 龍仁カントリークラブ
  • SKプラスチック
  • SKテレシス
  • SK E&S
  • SKガス
  • SKM
  • SK海運
  • SKテルリンク
  • SKシルトロン
  • インポセク(인포섹)
  • SK演歌
  • ロエン・エンタテインメント

日本側現地法人編集

旧社名は鮮京ジャパン(株)。東京に本社、大阪福岡札幌に支店があった。

現在は エスケイグループジャパン(株)として、東京に本社、大阪に支店がある。

海外展開編集

世界のGroupIIIベースオイル(主に省燃費オイルに用いられる基油)市場においてSKルブリカンツは世界一の供給者となっている。 北米におけるGroupIIIベースオイル市場では石油7大メジャー、米コノコフィリップス社から分離・独立したフィリップス66(en:Phillips 66)と並ぶ最大手の1つである。(なおPHILIPS66は韓国メーカーS-Oil(旧名:双龍製油)のGroupIIIを北米市場に供給しているだけで、製造自体は行っていない)

スポーツとの関連編集

運営企業として「SKスポーツ」を置き、野球・サッカー・バスケットボール・ハンドボール・エレクトロニック・スポーツに5つの球団を保有している。

脚注編集

  1. ^ a b c SK그룹, 2000년 이후 재계 위상·실적·고용 모두 잡아=ceoscoredaily.com”. 2017年6月22日閲覧。
  2. ^ a b c d 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版. “サムスンのスマホ6000万台、中国に生産を引き渡す” (日本語). www.chosunonline.com. 2019年11月2日閲覧。
  3. ^ シルクの意
  4. ^ 系列内での株式持ち合いのこと。少ない原資で支配権を維持できる。
  5. ^ 今日の歴史(2月22日) 聯合ニュース 2009/02/22
  6. ^ 玉置直司 (2015年8月17日). “韓国で大統領特赦、財閥総帥はSK会長だけ 経済活性化と公約遵守のバランスで判断か?”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44536 2015年8月17日閲覧。 
  7. ^ “ラオスダム決壊、4日前から兆候…「韓国職員53人は避難したが…」”. 中央日報日本語版. (2018年7月26日). http://japanese.joins.com/article/486/243486.html 2018年8月15日閲覧。 
  8. ^ “韓国企業が施工したラオスのダムが決壊…6つの村で洪水、数百人が行方不明”. 中央日報日本語版. (2018年7月25日). http://japanese.joins.com/article/458/243458.html 2018年8月15日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集