メインメニューを開く

和僑会(わきょうかい)は、香港中国本土を拠点に世界で活躍する日本人企業家(和僑)組織である。「和僑」とは海外進出し現地籍を持つ起業家を指す呼称であるとしている。各和僑組織は「和僑会」に現地地名を付記して活動をしている。香港シンセン(深圳)、北京などに設立。2004年に発足して以降、2014年時点では日本国内や東南アジア諸国を含め、8カ国23都市に広がっている[1]。2016年12月に各地の和僑会を統括する機能として一般社団法人和僑総会が発足し、2017年4月に一般社団法人WAOJEに名称変更された。[2] 大半の和僑会はWAOJE支部に名称変更したが、一部の和僑会はWAOJEに参加せず和僑会の名称を使い続けている。[3]

目次

概要編集

華僑の活動を目標に出身母体である「香港華南起業家ネットワーク」の活動を通じ、「和僑ネットワーク」を具現化。そして次の一歩で賛同の輪が世界中に広がり、各地にできたネットワークどうしが、また大きなネットワークとして成長していけるよう提言する。

こうした会員間の交流や相互支援だけでなく、海外で起業を志す日本人に出資する「和僑キャピタル」により、ベンチャーキャピタルとしての活動も行っている[1]

脚注・出典編集

  1. ^ a b 【サーチライト】アジアに広がる「和僑」有望な起業プランに出資『日経産業新聞』2014年12月16日(アジア・グローバル面)。
  2. ^ https://waoje.net/aboutus/outline
  3. ^ https://waoje.net/aboutus/baseslist

参考文献編集

  • 渡辺賢一『和僑15人の成功者が語る実践アジア起業術』アスペクト、2007年。ISBN 978-4757214194

外部リンク編集