和田 敦彦(わだ あつひこ、1965年8月 - )は、日本の文学研究者、専攻は日本近代文学、早稲田大学教授。

来歴 編集

高知県生まれ。1994年、早大大学院文学研究科博士課程単位取得退学。1996年信州大学人文学部助教授。1997年、「近代日本の小説と読者に関する研究-読書論の立場からの表現分析」で文学博士2007年、早大教育学部・総合科学学術院准教授。2008年、教授。2007年、『書物の日米関係』で日本図書館情報学会賞、2008年、日本出版学会賞受賞。

著書 編集

単著 編集

  • 『読むということ テクストと読書の理論から』ひつじ書房、1997
  • 『メディアの中の読者 読書論の現在』ひつじ書房 (未発選書)、2002
  • 『書物の日米関係 リテラシー史に向けて』新曜社、2007
  • 『越境する書物 変容する書物環境の中で』新曜社、2011
  • 『国定教科書はいかに売られたか 近代出版流通の形成』ひつじ書房、2011
  • 『読書の歴史を問う 書物と読者の近代』笠間書院、2014
  • 『読書の歴史を問う 書物と読者の近代【改訂増補版】』文学通信、2020

編著 編集

  • 読書論・読者論の地平 若草書房 1999.9 (日本文学研究論文集成)
  • コレクション・モダン都市文化 第8巻 デパート ゆまに書房 2005.5

脚注編集


外部リンク 編集