和製外来語(わせいがいらいご)[1]とは、日本語の中で使われる外来語言葉一つ以上を元にし、かつ、元の言語には存在しない言葉。また、外来語のほとんどは、ヨーロッパ(西洋)の言語由来であるため、和製洋語(わせいようご)[2]などともいう。

和製外来語の中では和製英語が多い。また、普通名詞が圧倒的であるが、「ユトランド半島」など希に固有名詞がある。

編集

英語由来の要素しか含まないもの(和製英語)を除く。

和製外来語
由来 本来用法
アーモンドプードル : almond (アーモンド)+: poudre (粉)
アイゼン : Steigeisenの省略から : steigeisen: crampons
アベック : avec(~と一緒に)から 英・仏: couple
クライネソプラニーノ : kleine(小さな)+: sopranino(ソプラニーノ) 英・仏: garklein
シュークリーム : chou(キャベツ)+: cream(クリーム) 仏:chou à la crème

英:cream puff

ショートコント : short(短い)+: conte(コント) 英:comic act (or dialogue)
ズボン 由来不明(: jupon 説もある)
ヘアゴム : hair(髪)+: gom(ゴム) 英:hair elastic
ホワイトフロマージュ : white(白)+: fromage(チーズ) 仏・英:fromage blanc
ムンテラ : Mund(口)+: Therapy(治療) 独:mundtherapie

: patient education

メルヘンチック : Märchen(童話)+チック(ロマンチックなどの接尾辞 英:fairy-tale-like

独:märchenhaft

レーゼシナリオ : lesen(読む)+: scenario(脚本)、: Lesedramaレーゼドラマ)からの類推
レッテル : letter(字母・文字) 英:lable

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 国立国語研究所「7和製外来語について」(外来語に関する意識調査)2004年6月29日。2010年8月25日閲覧。
  2. ^ 飛田良文 “明治・大正・昭和の外来語史研究”国際基督教大学、研究課題番号:11410113

関連項目編集