メインメニューを開く

和達 孚嘉(わだち たかよし 天保13年10月20日[1]1842年11月22日) - 大正8年(1919年)5月[2])は、明治時代仙台市長を務めた人物である。

和達 孚嘉
わだち たかよし
生年月日 1842年10月20日
出生地 現在の静岡県
没年月日 1919年5月

仙台市長
在任期間 1907年7月2日 - 1910年7月2日
テンプレートを表示

静岡出身[3]宮城県少書記官、宮城県大書記官などを歴任した[3]

1898年明治31年)、同年に国立銀行から株式会社に転換した七十七銀行取締役に就任[4]。この際、和田の役職は専務取締役であり、実質的な頭取であった[4]

その後、仙台市長を1907年(明治40年)より1910年(明治43年)まで務めた。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1911年。
  2. ^ 『日本の歴代市長 第1巻』 歴代知事編纂会、1983年。
  3. ^ a b 獨逸学協会会員名簿 獨協中学校・高等学校同窓会、2010年5月2日閲覧
  4. ^ a b 郷土が生んだ日銀総裁-富田鐵之助伝 シリーズ・先人に学ぶ 『七十七ビジネス情報』 第30号、七十七ビジネス振興財団ホームページ、2010年5月2日閲覧
  5. ^ 『官報』第2932号「叙任及辞令」1893年4月12日。