品川 氏繁(しながわ うじしげ、? - 嘉永3年8月29日1850年10月4日))は、江戸時代後期の高家旗本。旗本・松平近礼の子。通称は銀次郎、内記。官位は従五位下、侍従・豊前守。

文化11年(1814年)3月4日、品川高尚の死去により、末期養子として家督を相続する。文政5年(1822年)12月15日、将軍徳川家斉御目見する。天保11年(1840年)8月20日、高家職に就任し、従五位下・侍従・豊前守に叙任する。嘉永3年(1850年)8月29日死去、年齢不詳。

先代:
品川高尚
高家品川家11代当主
1814年 - 1850年
次代:
品川氏恒