メインメニューを開く

品田 一良(しなだ いちら、1928年12月29日 - 2007年2月8日[1])は、フランス文学者、早稲田大学名誉教授。

映画評論家品田雄吉の兄で本名は品田 三和一良(しなだ みわいちら)。早大仏文科卒、同大学院を経て早大教授。1999年定年退任、名誉教授。

翻訳編集

参考文献編集

  • 品田「初めを振り返る」『早稲田フランス語フランス文学論集』1999

脚注編集

  1. ^ 品田一良氏死去/早稲田大学名誉教授四国新聞2012年2月18日閲覧。