メインメニューを開く

唐慎微(とう しんび)は、11世紀の時代の医師である。『経史証類備急本草』を編纂した。

『大観本草』のボウフウ

蜀州の晋原(現在の四川省崇州市)の医科の家に生まれた。字は審元。1061年に刊行された『嘉祐本草』や大常博士の蘇頌が完成した勅撰本草書『図経本草』を合わせ、医書、本草書の引用を加えて『経史証類備急本草』32巻を編纂し、宋代以前の本草書を集大成した。新薬の476種類を含む、1558種類の薬物を記載した。1109年の艾晟による刊本である『大観本草』、1116年の曹孝忠らによる校正本『政和本草』を総称して『証類本草』と通称される。『証類本草』は12世紀に韓国に伝わり、14世紀に日本に伝わった。

参考文献編集