喜国雅彦

漫画家

喜国 雅彦(きくに まさひこ、1958年10月17日[1] - )は、日本漫画家香川県高松市出身[1]香川県立坂出高等学校[2]を経て多摩美術大学油絵学科卒業[1]。妻は同じく漫画家の国樹由香。1997年に「第4回みうらじゅん親友漫画賞」受賞。2015年に「第68回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)」受賞。

喜国 雅彦
生誕 1958年10月17日
香川県高松市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家 随筆家
受賞 第4回みうらじゅん親友漫画賞
第68回日本推理作家協会賞
第17回本格ミステリ大賞
テンプレートを表示

目次

来歴編集

高校時代に、萩尾望都ガロ系の漫画を読み、漫画家を志望する[3]。多摩美術大学在学中、漫画研究会でしりあがり寿祖父江慎しゅりんぷ小林らと知り合う。

1981年風雅名義にて、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に「ふぉ~てぃん」が掲載されデビュー[1]。しかしその後は作品が雑誌に掲載されることはなく、しりあがりらと多摩美OB何名かで同人誌を刊行したところ、他の漫画家の作品と間違われて編集者に評価され、本人はまったく描いたことがなかったギャグ4コマを描き、『ビッグコミックスピリッツ』増刊号に読み切り作品「大人は分かってくれない」で再デビューする[1][3]。翌1987年より『週刊ヤングサンデー』(小学館)にて4コマ漫画『傷だらけの天使たち』を連載。一躍人気ギャグ漫画家となる(後にジャパンホームビデオよりアニメ化18話+実写化13話から成るビデオが発売される)。

1980年代末から1990年代初頭にかけて、『別冊近代麻雀』(竹書房)にて名作漫画をパロディにした麻雀漫画を多数発表。これもまた評判を呼び、『麻雀まんが王』『麻雀まんが大王』として出版された。

1989年みうらじゅんなどと組んだバンド大島渚で、ベーシストとしてイカすバンド天国TBS)に出場。その後、同バンドによる「カリフォルニアの青いバカ」でベストソング賞を受賞する。

1990年に竹書房から月刊誌風の単行本『YOUNGキクニ』が発売されて話題となった。

1994年に初の非ギャグ作品である『月光の囁き』が連載開始に。この作品は1999年塩田明彦監督により実写映画化された。

以降、現在までギャグ漫画を中心に活動。近年は探偵小説の古書収集の趣味を生かしたマニアなエッセイも手がける。その趣味もあってか、新本格派ミステリー作家に友人が多く、本格ミステリ作家クラブ及び日本推理作家協会の会員でもある。綾辻行人竹本健治我孫子武丸など、ミステリ作品の装画や挿絵を多数手がけている。2015年に『本棚探偵最後の挨拶』(双葉社)で第68回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)受賞。2017年に国樹由香との共著『本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド』で第17回本格ミステリ大賞受賞。

人物編集

  • 左利き。
  • 一人っ子。
  • 酒は全く飲めない。
  • 日本一の男の魂』の企画がきっかけでマラソンが趣味になり、東京マラソンにも参加している。ただし、本人によると走る事に関しては体に良くないが心の健康管理であるとコメントしている[4]
  • 『傷だらけの天使たち』などの初期作品では、自分が短小であることを時折、自虐的にネタにしていた。
  • 下着はビキニパンツ派で派手なデザインのものしか持っていなかったが、緊急入院の際に恥ずかしい思いをしたことをきっかけにボクサーパンツ派になった。[5]
  • 東日本大震災のボランティア活動をしている。それについてまとめたエッセイ『シンヂ、僕はどこに行ったらええんや』が2012年に双葉社から発売された。

音楽関連編集

  • 夫婦揃ってヘヴィメタルファン(特にモトリー・クルーのファン)であり、『BURRN!』誌で1989年1月号から2012年5月号まで23年間に渡り『ROCKOMANGA!』という6コマ漫画を連載。連載終了後の2013年、諸事情により出版社をリットー・ミュージックに変更し、新作の描き下ろしを含めた単行本(全1巻)が発売された。
『BURRN!』2014年4月号より『ROCKOMANGA!2』として復活。『ROCKOMANGA!』は縦方向に6コマだったが、『2』は3コマずつの横方向にコマが進んでいる。
  • 『ROCKOMANGA!』では、Wikipediaに嘘やでたらめが書かれることに対する批判のネタを描いていた[6]
  • ZIGGYのメンバーとはインディーズ時代からの古い付き合いでもある。
  • 2011年には氣志團のツアーTシャツイラストを担当[7]
  • 「大島渚」活動休止後も不定期ではあるが音楽活動を続けており、2010年代には元REACTIONの反町哲之やAURAのKoREDSらによる吉田拓郎のトリビュートバンド「マサ拓Z」、アコギユニット「和WarlucK樂」でライブを。親交のあるメタルバンドのイベントで歌うこともある。

作品リスト編集

漫画・書籍編集

アルバムジャケット編集

  • 『アイデン&ティティ』大島渚(1991年)
  • 『日本一の男の魂 オリジナルサウンドトラック』(1999年)
  • 『JAPANESE HEAVY METAL TRIBUTE 魂』オムニバス(2000年)
  • 『JAPANESE HEAVY METAL TRIBUTE 魂II』オムニバス(2002年)
  • 『STAND PROUD 3』オムニバス(2002年)
  • 『Moth in Lilac』Moth in Lilac(2014年)
  • 『M.i.L.』Moth in Lilac(2016年)
  • 『RE-ARISE II』RE-ARISE(2016年)

その他編集

  • 『史上最大の作戦』中山加奈子CDプロモビデオ(1995年)*背景に作品使用
  • 『地獄のアロハ』【完全限定生産盤】筋肉少女帯人間椅子(2015年)*封入冊子の表紙イラスト、漫画
  • 新本格30周年のシンボルイラスト(2017年)

映像化、CD化作品編集

  • 傷だらけの天使たち(1990年にビデオ化)アニメ、実写
  • 三丁目防衛軍(1994年にCD化)CDドラマ
  • 日本一の男の魂(1999年にTBS「ワンダフル」枠で放送)アニメ→オリジナルサウンドトラック(1999年)
  • いつも心に太陽を!(1999年にTBS「ワンダフル」枠で放送)アニメ
  • 月光の囁き(1999年に映画化され、2000年にビデオ化)実写
  • 月光の囁き ディレクターズカット版(2003年DVD化)*特典映像の座談会に喜国も出演

ゲーム編集

  • インディアンジェスチャー(カードゲーム/やのまん/1988年)アイデア、イラスト
  • 喜国雅彦の雀闘士銅鑼王(スーパーファミコン/POW/1993年)キャラクター設定
  • 喜国雅彦の雀闘士銅鑼王2(スーパーファミコン/POW/1993年)キャラクター設定
  • 笑う婦警さん パチスロハンター(プレイステーション/HUMAN/1994年)キャラクター設定、絵コンテ

脚注編集

  1. ^ a b c d e 日外アソシエーツ発行『漫画家人名事典』(2003年2月)ISBN 9784816917608、P119-120
  2. ^ 本人のツイッター 発言による。
  3. ^ a b 山田五郎対談集『20世紀少年白書』世界文化社より。
  4. ^ 【元気のヒミツ】「体に良くない」マラソンで心の健康管理 漫画家・喜国雅彦さん ZAKZAK 2010年9月9日
  5. ^ この花はわたしです。』第一巻に収録されている『作者急病のため休載します。』より。なお、ヘヴィメタル雑誌『BURRN!』の『ROCKOMANGA!』でも、同様のネタを国樹が代筆している。
  6. ^ 「ROCKOMANGA!」197p (BURRN! 2007年10月号掲載分)。尚、喜国は単行本の中で当項目についても触れている。
  7. ^ 氣志團VS森重樹一 犬ふんランニング日記 2011年11月5日

関連項目編集

外部リンク編集