嘉峪関市

中国甘粛省の地級市

嘉峪関市(かよくかん-し)は中華人民共和国甘粛省西北部に位置する地級市。市名は嘉峪関から命名された。 嘉峪関の南は祁連山脈、北は龍首山馬鬃山に面し、その地理的特色から漢代以後の歴代王朝はこの地域に兵力を集中させた。

中華人民共和国 甘粛省 嘉峪関市
嘉峪関
嘉峪関
甘粛省中の嘉峪関市の位置
甘粛省中の嘉峪関市の位置
簡体字 嘉峪关
繁体字 嘉峪關
拼音 Jiāyùguān
カタカナ転写 ジャーユーグァン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
甘粛
行政級別 地級市
面積
総面積 2,935 km²
人口
総人口(2004) 17 万人
経済
電話番号 0937
郵便番号 735100
ナンバープレート 甘B
行政区画代碼 620200
公式ウェブサイト http://www.jyg.gansu.gov.cn/

行政区画編集

成立以来、市轄区を設置したことがない。2街道、3鎮を管轄する。

  • 街道:雄関街道、鋼城街道(2019年12月10日設置)
  • 鎮:峪泉鎮、新城鎮、文殊鎮

年表編集

  • 1971年9月10日 - 甘粛省酒泉地区嘉峪関市が地級市の嘉峪関市に昇格。(1市)
  • 1971年10月23日 - 張掖地区粛南ユグル族自治県の一部を編入。(1市)
  • 1971年11月11日 - 酒泉地区酒泉県、張掖地区粛南ユグル族自治県の各一部を編入。(1市)
  • 1972年12月8日 - 一部が張掖地区粛南ユグル族自治県に編入。(1市)

交通編集

空港

鉄道

道路

  • 連霍高速道路

外部リンク編集