四分律(しぶんりつ、しぶりつ、: Dharmaguptaka-vinaya[1])とは、仏教上座部の一派である法蔵部曇無徳部)に伝承されてきたである。十誦律五分律摩訶僧祇律と共に、「四大広律」と呼ばれる。この四分律は、これら中国および日本に伝来した諸律の中では、最も影響力を持ったものであり、中国・日本で律宗の名で総称される律研究の宗派は、ほとんどがこの四分律に依拠している。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 天野 2007, p. 1270.

参考文献編集

関連項目編集