戒律

戒律(かいりつ)とは、仏教において、修行者の生活規律のこと[1]。自発的に規律を守ろうとする心のはたらきを指す: śīla)と、他律的な規則を指す: vinaya)とを合わせた語[1][2][3]

目次

概説編集

元来は、戒と律とは区別されるべきものだったが、後には混同して用いられる場合もある[3]

編集

戒(サンスクリット語: शील, śīla)とは、仏教徒が守るべき、自分を律する内面的な道徳規範である。

本来の仏教の伝統では、在家信徒は五戒八齋戒、見習い出家者(沙弥沙弥尼)は十戒出家修行者(比丘比丘尼)は波羅提木叉(別解脱戒、具足戒)を遵守した。この波羅提木叉(別解脱戒、具足戒)は、下述する「律」のことなので、出家修行者(比丘・比丘尼)においては、「戒」と「律」は同じ内容になる。それゆえに、「戒律」とひとまとめに総称されることにもなった。

大乗仏教においては、教派・宗派によってその扱いは様々である。まず、利他行・菩薩行を内容とする大乗仏教独自の戒律(大乗戒)は、本来は部派仏教でも採用する律に更に重ねて守られるべきものである。東アジアでは四大広律の中でも主に(法蔵部に由来する)四分律が用いられ、一部に真言宗のように(説一切有部に由来する)十誦律が重視された宗派もある。

日本仏教の諸派(特に南都仏教以外の諸派)では最澄の大乗戒壇説によってこうした四分律・十誦律が棄てられ、それらの上に載っていた大乗戒のみが残されるという特異な歴史的経緯を辿った。大乗戒については、チベット仏教のようにインド仏教以来の伝統的な戒律の瑜伽師地論系「菩薩戒」や、「三昧耶戒」を継承する場合もあれば、中国仏教や、日本においては律宗をはじめとする他の宗派のように、梵網経系「菩薩戒」(三聚浄戒・十重禁戒四十八軽戒)や、日本密教独自の三昧耶戒などを用いたりする場合もある。

戒を守ること(「持戒」)は、大乗仏教の菩薩においては、六波羅蜜のひとつ「持戒波羅蜜」である。

なお、仏教における大前提とも言える仏・法・三宝への帰依を、「三帰依戒」[注釈 1]として、広い意味での戒と捉える考え方もある。

編集

律(サンスクリット語: विनय, Vinaya)とは、僧侶(比丘・比丘尼)のみに課される戒である波羅提木叉(別解脱戒、具足戒)のことであり、僧団で守るべき集団規則である。

戒の中でも波羅夷罪と呼ばれる四つの罪を破った場合には僧団を追放され、再び僧侶となることはできない。また、僧残罪では、僧団を追放されるということはないが、一定期間、僧としての資格を剥奪されるなど、罪により罰則の軽重が異なる。

上座部仏教では227戒、大乗仏教では用いる律によってその数が異なるが、四分律の場合、比丘は250戒、比丘尼は350戒の戒がある。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ この場合の「三帰依戒」とは、仏・法・三宝への深い帰依を誓うと共に、「仏教以外の教えを拠り所としてはならない」という戒めの意味を持つ[要出典]

出典編集

  1. ^ a b 戒律(かいりつ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年11月15日閲覧。
  2. ^ 広辞苑 1986, p. 398.
  3. ^ a b 総合仏教大辞典 1988, p. 159.

参考文献編集

  • 新村出(編) 『広辞苑』 岩波書店、1986年10月、第三版。
  • 総合仏教大辞典編集委員会(編) 『総合仏教大辞典』上巻、法蔵館、1988年1月

関連項目編集

外部リンク編集