メインメニューを開く
国務総理大臣官邸

国務総理大臣(こくむそうりだいじん)は、満州国皇帝の輔弼機関である国務院の長の官職名である。諸外国の首相に相当する。皇帝の独任制の輔弼機関と位置づけられていたため国法上の位置付けは大日本帝国憲法下における内閣総理大臣よりもドイツ帝国における帝国宰相に近かった。

1934年康徳元年)の溥儀の皇帝即位に際して「国務院総理」から名称変更された。

国家元首である皇帝により任命されるが、満州国自体が大日本帝国関東軍の支配下にあったため、実質的な権力は無きに等しい物であった。また自らの職務権限に基づく事務を処理するための補佐機関として総務庁があり、日本人官僚たちが集中的に配置されたため、ここが実質的な権能を掌握していた。

なお、国務総理大臣は満州国協和会会長と建国大学総長(学長)を兼務した。

国務院総理の一覧編集

国務院総理の氏名 在任期間 所属政党 執政
1 鄭孝胥
郑孝胥
  1932年3月9日
- 1934年2月28日
満州国協和会 愛新覚羅溥儀
愛新覺羅溥儀

国務総理大臣の一覧編集

国務総理大臣の氏名 在任期間 所属政党 皇帝
1 鄭孝胥
郑孝胥
  1934年3月1日
-1935年5月21日
満州国協和会 康徳帝
康德帝
2 張景恵
张景惠
  1935年5月22日
-1945年8月18日
満州国協和会