国立台湾美術館

国立台湾美術館(グオーリータイワンメイシューヴァン、中国語: 國立臺灣美術館、略称:国美館)は台中市西区にある美術館[1]。アジア一の大きさとされる[2]。明代・清代の作品のほか、台湾やアジア諸国や世界の近代美術・現代美術を中心に収集・展示している。

1988年開館[1]。当時は「台湾省立美術館」(中国語: 臺灣省立美術館)であったが、台湾省の機能が凍結されたことに伴い中華民国政府の管理下となり、1999年に「国立台湾美術館」と改名した。

過度な装飾を排した外観をもつ本館には、国内外の美術品が展示されている[3]。地下1階、地上3階[4]。2017年に改装した3階はバリアフリー化で好評を博している[1]。手話映像による解説や、車椅子の通りやすい広めの鑑賞スペースなどである[1]。絵本センターがあったり、2階には紅茶専門店「ローズハウス (Rose House)」も出店している[2]

現代美術、特にデジタルアートにも注力しており、専門館「数位芸術方舟digital-ark」もある[5]

企画展以外の常設展は無料[2]

近隣施設編集

  • 台中市立文化局
  • 科学博物館

[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d PenCCCメディアハウス、2019年、6/15号、No.475、64頁
  2. ^ a b c 国立台湾美術館へ行ってきました”. 台北ナビ. 2019年6月8日閲覧。
  3. ^ a b 国立台湾美術館”. 台中観光トラベルサイト Taichung Tourism. 2019年6月8日閲覧。
  4. ^ 本館簡介”. 2010年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月8日閲覧。
  5. ^ 日本の超coolなデジタルアートが国立台湾美術館に”. 台北ナビ. 2019年6月8日閲覧。

外部リンク編集

座標: 北緯24度08分29秒 東経120度39分50秒 / 北緯24.1413393度 東経120.6637502度 / 24.1413393; 120.6637502