国鉄ホキ5500形貨車(こくてつホキ5500がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍したホッパ車である。

国鉄ホキ5500形貨車
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本国有鉄道
所有者 野沢石綿セメント住友セメント
製造所 三菱重工業
製造年 1961年(昭和36年)
製造数 4両
消滅 1982年(昭和57年)
常備駅 多賀駅→上白石駅→七尾駅
主要諸元
車体色
専用種別 セメント
軌間 1,067 mm
全長 15,480 mm
全幅 2,706 mm
全高 3,815 mm
ホッパ材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 50 t
実容積 45.0 m3
自重 26.1 t
換算両数 積車 7.5
換算両数 空車 2.8
台車 TR78
車輪径 860 mm
軸距 1,500 mm + 1,500 mm
台車中心間距離 10,000 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

概要編集

本形式はセメント輸送用として1961年(昭和36年)7月3日に2両(ホキ5500、ホキ5501)、同年8月1日に2両(ホキ5502、ホキ5503)の合計4両(ホキ5500 - ホキ5503)が三菱重工業にて製作された50t積の私有貨車である。

記号番号表記は特殊標記符号「オ」(全長が12 m をこえるホッパ車)を前置し「ホキ」と標記する。

落成当時の所有者は野沢石綿セメントの1社のみであった。1966年(昭和41年)5月17日に車籍が住友セメントに変更になったが、これは同社との合併によるものである。

落成当時は、近江鉄道多賀線の多賀駅(現在の多賀大社前駅)を常備駅としていたが、合併に伴い東武鉄道大叶線上白石駅に変更になった。3年後の1969年(昭和44年)6月には、七尾駅(旧七尾線)に変更になった。

積載荷重50tというサイズは、日本最大のホッパ車であった。このため、軸重を抑えるために3軸ボキー台車TR78が採用された。私有貨車で本形式の他に、3軸ボキー台車を使用しているホッパ車は皆無である。(国鉄所有貨車ではホキ500形ホキ2900形がある)

エアスライド式有蓋ホッパ車であり、全長は15,480mm、全幅は2,706mm、全高は3,815mm、台車中心間距離は10,000mm、実容積は45.0m3、自重は26.1tで、換算両数は積車7.5、空車2.8である。

1978年(昭和53年)8月11日に2両(ホキ5500、ホキ5501)が、そして1982年(昭和57年)12月24日に2両(ホキ5502、ホキ5503)がそれぞれ廃車になり形式消滅した。

年度別製造数編集

各年度による製造会社と両数、所有者は次のとおりである。(所有者は落成時の社名)

  • 昭和36年度 - 4両
    • 三菱重工業 2両 野沢石綿セメント (ホキ5500 - ホキ5501)
    • 三菱重工業 2両 野沢石綿セメント (ホキ5502 - ホキ5503)

参考文献編集

  • 鉄道公報
  • 吉岡心平『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑』(ネコ・パブリッシング、1997年)ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
  • 吉岡心平『RM LIBRARY 141 有蓋ホッパ車のすべて(下)』(ネコ・パブリッシング、2011年)ISBN 978-4-7770-5307-0

関連項目編集