国防軍最高司令部裁判

国防軍最高司令部裁判(こくぼうぐんさいこうしれいぶさいばん、: High Command Trial: Prozess Oberkommando der Wehrmacht)は、アメリカ合衆国が1947年12月30日から1948年10月28日にかけてニュルンベルクにおいて行ったドイツ軍戦犯法廷。ニュルンベルク継続裁判の1つ。ドイツ軍や国防軍最高司令部(OKW)で高位にあった元帥や将軍達を裁いた。なお国防軍最高司令部のトップだった総長ヴィルヘルム・カイテル元帥とナンバー・ツーだった作戦本部長アルフレート・ヨードル上級大将はニュルンベルク裁判において裁かれており、両者ともすでに処刑されていた。

被告人編集

四つの訴因において裁かれた。

  1. 平和に対する罪 … 他国への侵略行為、国際条約への違反。
  2. 戦争犯罪 … 捕虜などに対する殺人行為など
  3. 人道に対する罪 … 占領地の民間人に対する虐殺、拷問、強制送還など。
  4. 上記の犯罪への陰謀罪

被告人は以下の14名である。

氏名 ナチスドイツでの階級 起訴 判決
    1 2 3 4  
ヴィルヘルム・フォン・レープ
Wilhelm von Leeb
  陸軍元帥 I I G I 懲役3年
それ以上拘留されているため判決後釈放
フーゴ・シュペルレ
Hugo Sperrle
  空軍元帥 I I I I 無罪
ゲオルク・フォン・キュヒラー
Georg von Küchler
  陸軍元帥 I G G I 懲役20年
1951年に12年に減刑
1953年に健康状態から釈放
ヨハネス・ブラスコヴィッツ
Johannes Blaskowitz
  陸軍上級大将 I I I I 裁判中に自殺
ヘルマン・ホト
Hermann Hoth
  陸軍上級大将 I G G I 懲役15年
1954年に釈放
ゲオルク=ハンス・ラインハルト
Georg-Hans Reinhardt
  陸軍上級大将 I G G I 懲役15年
1952年に釈放
ハンス・フォン・ザルムート
Hans von Salmuth
陸軍上級大将 I G G I 懲役20年
1951年に12年に減刑
1953年に釈放
カール=アドルフ・ホリット
Karl-Adolf Hollidt
  陸軍上級大将 I G G I 懲役5年
1949年12月22日釈放
オットー・シュニーヴィント
Otto Schniewind
  海軍上級大将
(1945年4月30日退役)
I I I I 無罪
カール・フォン・ロクエス
Karl von Roques
  陸軍歩兵大将 I G G I 懲役20年
服役中の1949年に死去
ヘルマン・ライネッケ
Hermann Reinecke
  陸軍歩兵大将
国防軍最高司令部所属
I G G I 終身刑
1954年釈放
ヴァルター・ヴァルリモント
Walter Warlimont
  陸軍砲兵大将
国防軍最高司令部所属
I G G I 終身刑
1951年に18年に減刑
1954年に釈放
オットー・ヴェーラー
Otto Wöhler
  陸軍歩兵大将 I G G I 懲役8年
1951年に釈放
ルドルフ・レーマン
Rudolf Lehmann
  陸軍法務大将
国防軍最高司令部所属
I G G I 懲役7年
1950年に釈放

I — 起訴   G — 起訴・有罪