メインメニューを開く

オットー・シュニーヴィント

フーベルト・マリア・オットー・シュニーヴィント(Hubert Maria Otto Schniewind, 1887年12月14日 - 1964年3月26日)は、ドイツ海軍軍人。海軍上級大将第二次世界大戦中に海軍参謀長を務めた。

フーベルト・マリア・オットー・シュニーヴィント
Hubert Maria Otto Schniewind
Otto Schniewind.jpg
生誕 1887年12月14日
ドイツの旗 ドイツ帝国
 プロイセン王国 ザールルイ
死没 (1964-03-26) 1964年3月26日(76歳没)
西ドイツの旗 西ドイツ
Flag of Rhineland-Palatinate.svg ラインラント=プファルツ州 リンツ・アム・ライン
所属組織 War Ensign of Germany (1903–1919).svg ドイツ帝国海軍
Flag of Weimar Republic (jack).svg ヴァイマル共和国軍
War Ensign of Germany (1938–1945).svg ドイツ国防軍海軍
軍歴 1907年 - 1945年
最終階級 上級大将
テンプレートを表示

略歴編集

ザールルイに生まれる。1907年にドイツ帝国海軍に入隊し、第一次世界大戦中は大尉として魚雷艇での任務に就く。敗戦後、スカパ・フローでドイツ海軍の艦艇が連合国側に引き渡される際、指揮する魚雷艇群を自沈させ、イギリス軍の捕虜となった。

ヴァイマル共和政時代は参謀としての任務が多く、1925年から1926年にかけてはオットー・ゲスラー国防相の副官を務めた。その後再び魚雷艇群司令官となり、ついで軽巡洋艦ケルン艦長となった。1934年に大洋艦隊司令部参謀長に任命され、1937年に少将に昇進して海防局長に転じる。1938年10月に海軍参謀長に任命された。

第二次世界大戦中の1940年に中将に昇進、数ヶ月後大将に昇進した。1941年6月、ドイツの戦艦ビスマルク撃沈で戦死したギュンター・リュッチェンスの後を継いで艦隊司令官に就任。1942年6月27日 - 7月24日の間に行われた、対ソビエト連邦向けの輸送船団である「PQ17船団」への攻撃作戦を指揮し、大打撃を与えた。

1943年3月、北部方面の艦隊司令官に就任。1944年3月に上級大将に昇進したが、7月に更迭され以後軍務に就くことは無かった。敗戦直前の1945年4月30日に公式に退役した。

敗戦後、北欧侵攻の際の平和に対する罪戦争犯罪人道に対する罪の容疑でニュルンベルク継続裁判の1つ国防軍最高司令部裁判に起訴されたが、無罪となった。1948年10月に釈放され、翌年から1952年までブレーマーハーフェンアメリカ軍のためのドイツ海軍戦史編纂チーム(Naval Historical Team)の長を務めた。リンツ・アム・ラインで死去。