国際気象機関賞(こくさいきしょうきかんしょう、International Meteorological Organization Prize、IMO賞)は、世界気象機関(WMO)の賞である。 [1]

気象学における顕著な業績に対して授与される。

1956年に設立された。

受賞者には、金メダルと10,000スイスフランの賞金が与えられる。

現在の世界気象機関の前身である国際気象機関を記念して命名された。

受賞者編集

2020 David Grimes
2019 Sergej Zilitinkevich
2018 Antonio Divino Moura
2017 Gordon McBean
2016 Zeng Qing-Cun
2015 Julia Slingo
2014 Alexander Bedritsky
2013 Tillmann Mohr
2012 Zaviša Janjić
2011 Aksel C. Wiin-Nielsen
2010 松野太郎[2]
2009 Eugenia Kalnay
2008 Qin Dahe
2007 Jagadish Shukla
2006 Lennart Bengtsson
2005 John Zillman
2004 Bennert Machenhauer
2003 Ye Duzheng
2002 Joanne Simpson
2001 モハンマド・ハッサン・ギャンジ
2000 エドワード・ローレンツ
1999 James Dooge
1998 John T. Houghton
1997 Mariano A. Estoque
1996 T.N. Krishnamurti
1995 Roman Kintanar
1994 James P. Bruce
1993 ヴェルナール・スオミ
1992 Yuri Izrael
1991 ラグナル・フィヨルトフト(Ragnar Fjørtoft)
1990 Richard E. Hallgren
1989 Pisharoth Rama Pisharoty
1988 ケネス・ヘア
1987 Mikhail Ivanovich Budyko
1986 ヘルマン・フローン
1985 David Arthur Davies
1984 Thomas F. Malone
1983 Muhamed F. Taha 、 J.J. Burgos
1982 William James Gibbs
1981 バート・ボリン
1980 Robert M. White
1979 ヘルムート・ランズベルク
1978 A.E.G.E. Nyberg
1977 George P. Cressman
1976 エフゲニー・フョードロフ
1975 Warren L. Godson
1974 Joseph Smagorinsky
1973 Charles Henry Brian PriestleyJohn S. Sawyer
1972 Victor Antonovich Bugaev
1971 ジュール・グレゴリー・チャーニー
1970 Richard Th. A. Scherhag
1969 エリック・パルメン
1968 Graham Sutton
1967 Kirill Y. Kondratyev
1966 トール・ベルシェロン
1965 Sverre Petterssen
1964 Francis Reichelderfer
1963 Reginald Sutcliffe
1962 アンデルス・クヌートソン・オングストローム(Anders Knutsson Ångström)
1961 K.R. Ramanathan
1960 Jacques van Mieghem
1959 ヤコブ・ビヤークネス
1958 Ernest Gold
1957 カール=グスタフ・ロスビー
1956 Hans Theodor Hesselberg

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ International Meteorological Organization (IMO) Prize”. World Meteorological Organization. World Meteorolical Association (WMO). 2020年7月16日閲覧。
  2. ^ Dr. Taroh Matsuno Becomes First Japanese to Win IMO Prize”. JAMSTEC. Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (2010年6月18日). 2020年7月16日閲覧。

外部リンク編集