国際連合安全保障理事会決議32

国際連合安全保障理事会決議32(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ32、: United Nations Security Council Resolution 32, UNSCR32)は、1947年8月26日国際連合安全保障理事会で採択された決議インドネシア情勢に関して続く軍事行動を非難し先の決議第27号第30号に基づき停戦を再要請した。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議32
日付: 1947年8月26日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 195回
コード: S/525, III
文書: 英語

投票: 賛成: 10 反対: 0 棄権: 1
主な内容: インドネシア情勢に関して
投票結果: 採択

安全保障理事会(1947年時点)
常任理事国
中華民国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
オーストラリアの旗 オーストラリア
ベルギーの旗 ベルギー
ブラジルの旗 ブラジル
 コロンビア
ポーランドの旗 ポーランド
シリアの旗 シリア

概要編集

8月4日に停戦がなされたにも関わらず、インドネシア独立戦争における暴力(軍事行動、特にオランダ軍の攻撃)が継続されていることを非難し、双方(オランダインドネシア)に国際連合安全保障理事会決議27を想起させたうえで、国際連合安全保障理事会決議30に基づく公約を履行するよう再要請したものである。

イギリスが棄権したが、残りの10国は賛成票を投じた。

詳細編集

以下は決議の英文。[1]

The Security Council,
Taking into consideration that military operations are being continued on the territory of the Republic of Indonesia,
1. Reminds the Government of the Netherlands and the Government of the Republic of Indonesia of its resolution 27 (1947) of 1 August 1947 concerning the cease-fire order and peaceful settlement of their dispute;
2. Calls upon the Government of the Netherlands and the Government of the Republic of Indonesia to adhere strictly to the recommendation of the Security Council of 1 August 1947.

以下はその和訳。

安全保障理事会が
インドネシア共和国の領土で軍事行動が継続されていることを考慮して、
1. オランダ政府およびインドネシア共和国政府に対し、停戦命令および紛争の平和的解決に関する1947年8月1日付の決議第27号(1947年)を想起する。
2. オランダ政府およびインドネシア共和国政府に対し、1947年8月1日の安全保障理事会の勧告を厳守するよう求める。

脚注編集

  1. ^ S/RES/32(1947) - E - S/RES/32(1947)”. undocs.org. 2021年12月13日閲覧。

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集