国際連合安全保障理事会決議664

国際連合安全保障理事会決議

国連安全保障理事会決議664(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ664、: United Nations Security Council Resolution 664)は、1990年8月18日国際連合安全保障理事会で採択された決議である。クウェート侵攻に関係する。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議664
日付: 1990年8月18日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 2,937回
コード: S/RES/664
文書: 英語

投票: 賛成: 15 反対: 0 棄権: 0
主な内容: イラクのクウェート侵攻
投票結果: 採択

安全保障理事会(1990年時点)
常任理事国
中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
カナダの旗 カナダ
コートジボワールの旗 コートジボワール
 コロンビア
 キューバ
エチオピアの旗 エチオピア
 フィンランド
マレーシアの旗 マレーシア
 ルーマニア
イエメンの旗 イエメン
ザイールの旗 ザイール

Kuwait city cityscape.jpg
クウェート市

安保理は、過去の決議(660661662)を再確認した上で、イラクに国際法の下の義務と国際連合憲章第7章に基づく行動を想起させ、イラクとクウェートから第三国の市民の出国を許可し促進するように求めた。calling for consular and diplomatic access to the third state nationals.

また、イラクに対して国民を危険にさらすような行動をとらないように求め、クウェート併合が違法であると再確認し[1]、クウェートの領事館と在外公館の閉鎖命令と外交特権の取消命令を撤回するように要求した。

さらに、クウェート侵攻の開始時点でイラクとクウェートには数千人の外国人が滞在しており、戦略的な位置で外国人を人間の盾とするイラクの決定を非難した[2]

最後に、国連のハビエル・ペレス・デ・クエヤル事務総長に対して、可能な限り早く、決議の履行について報告するように求めた。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ “The Gulf crisis, international law, and American foreign policy.”. Montana Business Quarterly. (Autumn 1991). http://www.entrepreneur.com/tradejournals/article/11550469.html. 
  2. ^ Hume, Cameron R. (1994). The United Nations, Iran, and Iraq: how peacemaking changed. Indiana University Press. p. 195. ISBN 978-0-253-32874-8. https://archive.org/details/unitednationsira00hume/page/195 

外部リンク編集